通いたくなるソープランドの特徴

ソープランドについて知りたい方におすすめのサイト

童貞を卒業するなら風俗店!?

江戸幕府が正式に認めていた吉原遊郭は、敷地の広さが2万坪で、数千人以上の遊女が働いていたのです。
当時あった全ての風俗店が此処に集まっていました。
吉原遊郭は、昭和32年まで存在していたと言われています。
工事などを行うために、たくさんの男性が江戸に訪れました。
訪れた男性の娯楽一つとして吉原遊郭に遊びに来る人を管理しやすいように、江戸幕府は、1つの場所に風俗街を作りました。
吉原遊郭では、現在のルールとは異なり、少し変わったルールがありました。
吉原遊郭にいる遊女の中で一番素敵な女性と性行為するためには、最低でも3回は吉原遊郭に来なければならないというルールがありました。
初めて会った日は、会話をしたり、目を合わせたりする事もできませんが、吉原遊郭で一番素敵な女性と会う事ができます。
初合と呼ばれていました。
2回目は、裏と呼ばれていて、名前も呼ぶ事はできませんが、少し会話をする事が可能です。
3回目になると、馴染みになる事ができ、吉原遊郭にいる時だけ、疑似夫婦として過ごす事ができます。
ちなみに、馴染みになると今でいう不倫のような事は何があっても禁止というルールもありました。
時がたつと吉原遊郭の規模が縮小され、ほとんどのお客さんは、芸者のいる街へ行くようになりました。
縮小されたとはいえ、明治時代には、東北の農村部から、遊女が吉原遊郭に来てました。
このサイトでは、風俗店で童貞を卒業するメリットやデメリット、風俗店のお店のランク、通いたくなるソープランドの特徴などについてお話したいと思いますので読んでみましょう。